Return to site

Activate your brain

脳を活性化させる

何歳になっても私たちの脳は進化します。
脳内では日々新しい神経細胞が生まれているからです。

ところが折角の新しい細胞も、使わなければ死んでしまいます。
そこに新しい情報を入れないと活性化しないのです。
毎日が同じことの繰り返しだと、脳が節電モードになり、ほんの一部しか使わなくなります。
脳も筋肉と同じで、使わなければ退化してしまうのです。
では脳を働かせるためには、どうすればいいのでしょう?
新しいことを勉強し続けなければならないのでしょうか?
答えはYESでありNOです。
勉強が楽しければ、良い刺激となって脳細胞を活性化させますが、
嫌々ながら勉強をする場合、あまり効果はありません。

実は遊びこそが、脳にとっての最高の栄養なのです。
何の得にも役にも立たないようなこと… だけど楽しいこと、心がワクワクすること、
そんな遊びが、人生を豊かにすると同時に脳も豊かにしてくれます。
遊びを極めるには創意工夫が必要だからです。

江戸時代は遊びの時代でした。
歌舞伎、落語、浮世絵、川柳、俳句、小唄など、遊びが目覚ましい進化を遂げました。
識字率が世界一だったのも、娯楽本である黄本を読むために、読み書きを習ったから。

当時の隠居とは、仕事や子育てから解放されて、遊びに没頭できる人生の黄金期だったそうです。
恋愛も盛んだったのだそう。

大人の遊びによって感性が磨かれ、俳句や小唄にも反映されたことでしょう。

「ときめき」がキーワード。
人生は楽しむためにあります。
苦しまなければ、何かを得ることができない。というのは子供の頃に刷り込まれた間違った思い込み。
楽しんで、好きなものを得て良いのです。
結果、脳はセロトニン(幸福を感じるホルモン)を放出し、活性化し、進化して行くのです。

 

目下、私の1番の脳トレはハープです。50歳を過ぎて始めた贅沢な遊びです♪

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK